カテゴリ:読んだもの( 7 )
ズキュン
タイミングってすごい、と思う。

少し前、いろいろと考えごとがあってずーっと考えてた。

そしたらお久しぶりの友達から、その考えごとの悩んでいた部分を吹き飛ばすようなメール。
ズキュン。

よし、決めた。

急に一歩前に進んだ気がした。

色々調べ始め、少しずつ口にも出すようになった。
一歩ずつ前に進んでいく感じ。
なんだか面白い。


つい最近、ずっと前に買ってまだ手をつけてなかった本を何気なく鞄に入れた。

「アルケミスト ~夢を旅した少年」 byパウロ・コエーリョ


ズキュン。
c0002332_024019.jpg

人とか本とか、とにかく色んな出会いが
私の心を後押ししてくれてるような、そんな感じがした。

これは前兆?笑


素敵な本との出会いに感謝。
[PR]
by mitchymouse | 2007-01-26 00:24 | 読んだもの
松子
一人の人生を一気に読み上げた。


映画はまだ見てないのだけど、本で読んだ。

「嫌われ松子の一生」

はじめは、なんかもう目も当てられないし、暗いし、
なんでそうなっちゃうのよー、とぶつぶつ言いながら読んでたのだけど、
読み進めていくうちに、川尻松子という女性をもっと知りたいと思うようになってた。

一人の人生でも、常にまわりに人がいて、
色んな人生が絡み合って、自分の意思、他人の意思、運、環境、時代、
何がなんだかわからなくなるくらいものすごく色んなものが交差する中に、
人って生きてるんだなー、なんて、漠然と思ってしまいました。


生きることに貪欲で、一生懸命で、やさしい女性。
好きだぜ、松子。
[PR]
by mitchymouse | 2006-11-20 09:19 | 読んだもの
小さなスナック
最近、本屋にふらっと立ち寄ると、きまって、3,4冊も買ってしまう。

引っ越した当初、これからモノが増えるなんてちっとも考えず、
そのときのピッタリサイズな収納しか準備してなかった。

本とか服とかCDとかがモリモリ増えるなんて。ねぇ。

ということで、先日本棚を注文してしまいました。


ちょうど今日読み終わったのは、

「リリー&ナンシーの小さなスナック」 by ナンシー関、リリー・フランキー

雑誌クレアに連載されてた対談集。
テンポいい会話がここちよく、一人でニヤニヤしながらよんでしまう。
最後の追悼は、リリー・フランキーのまっすぐで淡々とした文章に思わずほろり。
いい本です。

最近読んだ本は、
「変身」 by カフカ
「西方冗土」 by 中島らも
「体は全部知っている」 by 吉本ばなな
「バナタイム」 by 吉本ばなな
「強運の持ち主」 by 瀬尾まいこ
あとは、雑誌とかお料理系とかお勉強用とか色々。

なぜ今どきカフカなんだ、ってのは置いといて、
本はやっぱり好き。
本屋に行くといつもワクワクする。
片っ端から立ち読みしてしまうもの。

秋だし、あったかいお茶でも飲みながら、
のんびり本を読むのにちょうどいい。

c0002332_2357367.jpg

さっき、洋梨のコンポートを作った。
白ワインと三温糖とレモンと、あと洋梨で。
出来立てを味見したら、おいしいよー!

冷蔵庫で冷やして、色んな食べ方しよーっと。
本を読みながらとかさ。
[PR]
by mitchymouse | 2006-10-26 00:01 | 読んだもの
それからはスープのことばかり考えて暮らした。
今日、買い物がてら本屋にぶらり立ち寄った。

ちょっぴり久しぶりだったので、立ち読みまくる。
たぶん1時間以上いた。
気になった本の第一話を読んでは、また別の本へ。

気になる本が多すぎる。
なんとか今回は4冊に抑えて帰宅。

その中のひとつ。
それからはスープのことばかり考えて暮らした」 by 吉田篤弘

帰ってきてあっという間に読み終えてしまった。
読み終わったらむしょうにスープを作りたくなって、スーパーへじゃかいもを買いに。。
じゃがいもと梅干と塩で、ほっこりあったかスープ。
おいしいよ~~。

またスープの季節。
鍋を見つめながら、たまに空を見上げながら、コトコトとじっくり作ろう。
「とにかく、おいしい!」って念じながら、ね。

c0002332_2357195.jpg

これは久々に実家のベランダから見た空。
きもちいい秋晴れ!


この本に出てくる、サンドイッチ屋さんだったり、
この前読んだよしもとばななの本「海のふた」に出てくる、かき氷屋さんだったり、
だいぶ前に読んだこれまたよしもとばななの「デッドエンドの思い出」に出てくる、
洋食屋さんやロールケーキ屋さんだったり。
そういうお店、いいなーと思う。
[PR]
by mitchymouse | 2006-09-24 23:59 | 読んだもの
からだのひみつ
いま、読んでる本。

c0002332_23471611.jpg

「からだのひみつ」 by 田口ランディ、寺門琢己

昨日本屋で本を物色してて、ちらっと立ち読みしてすっかりはまった。
家に帰るのもはばかられて、目の前のお店に入って読み始めちゃいました。

からだと対話する。ということ。
気付くということ。

日常生活のことから、男と女の違い、生命の話的なことまで
ランディさんと整体士の寺門さんの対話がもりだくさん。

おもしろい!

ショウガスープを飲んで、腎臓を大切にしよう。笑
体にも心にも正直に。

生々しい話もあったり、そうそうわかるわかるそうなのよー、とか思いながら読んでしまう。

とにかく面白くて素敵な本!
女の人も男の人もぜひ読んでほしいわー。

+++++++
今日、友達と夏休みの計画立てながら飲んでてその帰り、
会社の近くに消防車がいっぱいとまってなんだか人だかりができてた。
何事かと思ったら会社の近くのマンションから火がでてた!
火事だー。中に人とか残ってたのかしら。もう消えたかな。。
[PR]
by mitchymouse | 2006-05-26 00:00 | 読んだもの
ズーニーさん
昨日のBlogでも書いた、山田ズーニーさん。
「ほぼ日」サイト内をうろうろしてたら、出会ってしまいました。
私はすっかりしっかりズキュンとやられてしまいました。

ってことで今日の帰りに買った。
c0002332_0424722.jpg
「おとなの小論文教室」 by山田ズーニー

自分を表現するということ。伝えるということ。

最近私の中で考えては色んな形でポツポツと出てきていた様々な言葉が
この本を読み進めるにつれ少しずつ線となっていくような気がした。
ズーニーさんのこの本を読んでると、今まで色んな人に言われた色んな言葉を思い出した。
その言葉を思い返しながら、そのときの自分が理解してなかったことに気付いたり、
自分がやっぱり同じことをテーマとしてを歩いてきていることに気付いたり、
なんだかほんとにびっくりで、なぜかたまに涙が出た。

つい最近ヨガの先生と話してた。
私がやっているタイ式Yogaの特徴。それは、他を意識することで成り立つ。ということ。
呼吸もそう。
息を吐くことで世の中に二酸化炭素を排出し、緑を助け、自分の存在を表現する。
息を吸うことで自分みずからが生きようとする。
自然と自分での循環。
深く呼吸をすればするほど、自然の中で自分が生きているということを強く感じる。

教えていて、相手の悩みや発しているものに対して、自分のYogaの知識と色んな思いを組み合わせてフィードバックする。
私のYogaの知識は相手がいて初めて価値を見出す。
だからもっと価値を磨くためにもっと勉強したいと思うんだった。
他を意識することで初めて自分が成り立つ。
伝えたい思いがあって、伝えたい相手がいるから表現する。
そういうこと。

自分に正直に。
素になって考える。

だいぶ楽になってきたぞ。
[PR]
by mitchymouse | 2006-05-16 01:03 | 読んだもの
木のいのち 木のこころ

とっても大きな人に出会った感じがした。

「木のいのち 木のこころ」
日本最古の木造建築、"法隆寺"の宮大工の棟梁、西岡常一さんの本。

木のお話なのだけど、全部人の生き方だったり育て方だったりにつながってる。
とてもよい本です。
大きなおじいちゃんに、優しくトウトウと諭されてる気分になりました。
関西弁なのも心地よい。

お弟子さんや孫弟子さんのお話もでてきて、
西岡さんの人柄にあらためて惚れてしまいます。

ほんとに凄い人だったんだな。
[PR]
by mitchymouse | 2006-02-15 23:54 | 読んだもの