写真の世界へ
ふぃ~。
今、家で一人白ワイン飲んでいい気分です。

今日は仕事が恵比寿で早目に終わったので、ついふらふらっと寄り道。

なんとなく吸い寄せられるように、東京都写真美術館へ。
中に入ってから、この前ラジオを聴いて行こうと思っていた
中村征夫さんの写真展をココでやってたことに気付く。
あと、だいぶ前にチェックしていた映画
アンリ・カルティエ=ブリッソン 瞬間の記憶」がちょうどココで上映されててびっくり。

なんて素敵なタイミングなんでしょう、てな感じで、しっかり見てきた。

中村征夫さんの水中写真は、ほんとに海の中にいる気分になれる。
等身大のザトウクジラの写真は圧巻!
あの写真の前なら何時間でもいれる。いろんな角度、距離から何度も何度も見てしまう。
すごいなー。
あと、アオウミガメの写真。あれはハワイで見たアオウミガメを思い出してしまい、
記憶も手伝ってしっかりはまって見てしまった。
せっかくダイビングのライセンス取ったことだし、
海潜りに行きたいな~。
エジプトの紅海もちょっと興味が出てきてしまった。。

時間もあったので、もう1つの写真展「絶望と希望の半世紀」も見た。
目を覆いたくなるような事実を鋭い視線で捉えてる写真や、
なんか凄いタイミングを見てしまった!と感じるような写真、
言葉で聞くのとは違う表情をみてほっとするような写真とか、
とにかくたくさんのメッセージに溢れてる写真展だった。
ひとつひとつの写真のエネルギーが物凄くて、気軽に見に行ってしまった私には
消化するのにだいぶ時間がかかりそうだ。
でも、見れてよかった。

そして「アンリ・カルティエ=ブリッソン 瞬間の記憶

c0002332_23305946.jpg

一瞬を捉えた写真。そこに広がる世界観と物語。
彼の作品をたくさん見て、なんだか物凄いものを見てしまった。という感じがした。
すごいよ。


今日はなんだか色んなモノをみてお腹いっぱいだ。
でも楽しい。
こんな日は、まったり酔っ払うのが心地いい~~!
[PR]
by mitchymouse | 2006-08-17 23:32 | 見たもの
<< 新月の夜に 海 >>