対話するということ。
今日、会社をいそいそと終えてセミナーに行ってきた。

新しい部署に入って、ぐんと色んなことが見えるようになって
視野が広くなった分わからなくなったこととか、う~むと思うことも増えてたのだけど
今日のセミナーを聞いてほっとした。
やっと少しずつだけどやらなきゃいけないことが見えてきた気がする。たぶん。

知の根源は「思い」である。

分析やデータは説得力があるし徹底的な分析は必要。
んでも論理の出発点を選ぶのは論理ではなく情緒や形、直感、思いである。
当たり前なんだけど、この人間的な部分がカギと強く語る講師になんだかとってもホッとした。

対話するということ。
面と向かって話すことの大切さ、相手の視点に立って物事を考える、ということを
こんなセミナーで聞けると思わなくてなんだか嬉しかった。

face to faceで対話をすることで、相手の中に潜んでいるコトを気付かせ引き出す。
何か媒体を通す形になってしまっても、そういうことが出来ればいいなと思う。
ヨガもそうだ。
お客さんはひとりひとり違うからね。
対話することでそれぞれ個を引き出してそこにヨガや自分の思いを重ねてフィードバックする。
そう。そんな感じだ。


ふふ。なんかいい月曜日。
[PR]
by mitchymouse | 2006-04-24 23:48 | 日々のこと
<< スープとあたまの話 週末のこと >>